資金調達法について

会社設立をする場合に資金調達法について

資金調達法についてそれぞれの業務で、自分で事業を行いたい場合には会社設立を計画しますが、この場合は手続きを始めとして様々な内容を1つずつクリアしていく必要があります。中でも、最も重要なものに資金調達があり、ここでの計画をしっかりと行っておかない場合には、万が一、売上が伸びない場合などではすぐに資金繰りに困ることになってしまいます。

会社設立の資金調達の方法としては、大きく、融資による方法、株式を発行して行う方う方法がありますが、一般的に小規模から始める場合に行われるものとしては、融資による方法が取られています。融資による方法には、まず、政府系金融機関となる日本政策金融公庫を活用する方法、2つ目には、信用保証付きの融資を活用する方法、次に親族や知人といったいわゆる身内からの借入で行う方法、そして、最近、話題になることもあるベンチャーキャピタルからの出資を仰ぐ方法の4つがあります。

1つ目となる政府系金融機関からの融資は、会社設立を行う場合には最初に申込を行う先として最適な方法となり、ここでは定められた条件をクリアすることによって、無担保・無保証で1,000万円を上限として融資を行ってくれます。条件としては雇用の創出を伴う事業を始める人や、技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める人等があり、必要書類を提出することで申込をすることができます。

信用保証付きの融資に関しては、公的機関となる信用保証協会の保証を受けることができる人が対象となり、ここでは、保証を受けることで民間の金融機関が融資を行うことになります。融資に関しては、各自治体や商工会議所などでも対応を行っている場合も多く、この場合においても窓口に違いはあるものの信用保証協会の保証が求められることになります。

3つ目となる親族や知人の場合には、資金調達法としては1つの方法となりますが、万が一、会社がうまくいかない場合などではトラブルになる可能性が高く、行う場合には必ず、書面での取交しを行い、口約束などでは絶対に借入をしないことが重要なことになります。また、返済に関しても証拠は必ず残しておく必要があり、残すことで返済に関してのトラブルを防ぐことができるようになります。

ベンチャーキャピタルの場合には、本来は企業に出資をすることで株式公開の支援やその後の売却によって利益を得る事を目的としています。独自な技術や高度な技術を持ち合わせている場合には有用な方法の1つとなりますが、一般的には難しい面があります。

会社設立の資金調達は、金額によっては制度資金を活用することでハードルの低い条件で調達をすること場合があるために、事前に情報を入手しておくことも大切なことになりますが、借入額では、万が一の業績を考えて余裕を持った額面にすることも考慮する必要があります。

最近の投稿

Copyright© 2016 会社設立をするときに知っておきたい5つのルール All Rights Reserved.