広告について

会社設立における広告について

広告について会社設立を行う人は必ず会社の基本的なルールを作り上げ、それを定款の中で定めていくことが必要となります。例えば、会社設立を行う人は最初に会社の商号を考えるケースが多いのですが、商号についても定款の中で定める事で会社設立登記を行う事が出来るなど、定款というものは会社設立にはとても重要な書類と言われています。

所で、株式会社を設立した場合、毎年決算時期を迎えると決済公告を行い世間に対して決済における報告を行う義務が在ります。
この決済公告と言うのは一般的には官報に掲載されることで世間に対しての報告義務を果たすことが出来るのですが、官報と言うのは日本の国における情報誌の一つでもあり、一般の人が目にする機会は少ないものの、裁判所の中で決定した事項などが掲載されると言った特殊な情報誌になります。

また、決済公告を官報で掲載を行った場合は、掲載枠や決済内容などに応じて費用が掛かる事になり、この費用は設立後の会社の中の費用で賄われる事になります。

因みに、公告と言うのはチラシ広告などとは異なるもので、会社から株主などの利害関係者などに対してのお知らせであり、公告しなければならない事項と言うのは、法律の中で定められています。
また、法律の中で定められていると言う事からも、会社に課せられた義務とも言われていると言う事です。

尚、法律で定められた事項の事を法定事項と言いますが、法定事項は合併や決済などに関する、株主もしくは利害関係者に対しての重要な意味を持つものであり、会社を設立した人の義務として決済公告と言う事を行う必要が在るわけです。
一般的に会社の中での公告事項となるものは、決裁書類の公告が一般的と言われています。

広告というものは、商品やサービスなどを顧客に対して知らせる目的で作り上げるものとなりますが、公告は会社の株主などの利害関係者に対する広告の一つと言えます。

尚、決済公告は官報に掲載する方法以外にも、ホームページの中で行う事も可能になっています。
ホームページと言うのは会社のウェブサイトで在り、ホームページの中で決済公告を行えば余計な費用を支払う必要が無くなります。

また、ホームページの中で決済公告を行う場合には、会社設立時に定める必要が在る定款の中で、決済公告に関してはホームページで行うと言った事を定める事で可能になるのです。

尚、この場合はホームページのURLなどを定款の中に記載をしておく必要が在ります。

最近の投稿

Copyright© 2016 会社設立をするときに知っておきたい5つのルール All Rights Reserved.